政治

ポーランドの国境警備隊は、3/11時点で、同国に入ったウクライナからの避難民が、152万人に達したと発表しました。
このような状況下で、弊社がオフィスを構えるポーランド南部の都市クラクフがどのような状況なのか、現地で撮影した映像資料を交えてご紹介します。

クラクフ:ポーランド南部最大の都市で、人口は約78万人。ウクライナ西部の大都市リビウとは、
幹線道路でつながっており、電車も様々な場所に発着するため、毎日多くの避難民の方が訪れている。

#4 広場に立つテントと食料品の不足

ウクライナからの避難民支援のために、
クラクフでは広場にテントが立ち始めています。

また、クラクフ市内でも、一部の支援センターでは、避難民向けの食料品等の不足が発生し始めています。

昨日3/11には、日系メディアによるクラクフからの中継が行われました。

たっぷり1時間、クラクフ市内の様子が詳細にレポートされています。

【写真】ASAGAO sp. z o.o. 撮影

当社と繋がりのある、ハリコフ在住ウクライナ人写真家Pavlo Dorohoi氏のインタビューが、
3月7日に毎日新聞夕刊に掲載されました。

こちらの記事は、電子版でも下記リンク先からお読みいただけます。
https://mainichi.jp/articles/20220307/k00/00m/030/005000c
現地の様子がよくわかる貴重な資料ですので、ぜひご一読をください。

ご取材協力について

当社には、クラクフに駐在する日本人・ポーランド人スタッフがおります。
・クラクフやその周辺の取材同行(兼通訳)
・クラクフやその周辺の写真/動画撮影(機材:iPhone)
・インタビューへのご回答
・ウクライナから避難してきた方や、ポーランドでボランティア活動を行っている方への取材アレンジ
・ポーランドでの各種報道/SNS投稿の翻訳
などの形で、メディアの皆様にご協力させていただいております。

ご相談は、下記メールアドレスまでお願いいたします。
info@asagao.pl

ご寄付受付について

当社では、クラクフ在住の日本人、ウクライナからの避難民の皆様と一緒に、
物資が枯渇しつつあるウクライナ国内に、いち早く必要な物を届けるための募金活動を実施しております。
詳細は、こちらからご確認ください。

クラクフの避難民とその支援の現状(3/11)

ポーランドの国境警備隊は、3/11時点で、同国に入ったウクライナからの避難民が、152万人に達したと発表しました。このような状況下で、弊社がオフィスを構えるポーランド南部の都市クラクフがどのような状況なのか、現地で撮影し […]

続きを読む

ウクライナ避難民支援に関する新規法案(3/8)

ポーランドの国境警備隊は、3/6 20:00時点で、同国に入ったウクライナからの避難民が、100万人に達したと発表しました。このような状況下で、弊社がオフィスを構えるポーランド南部の都市クラクフがどのような状況なのか、現 […]

続きを読む

人工妊娠中絶ほぼ全面禁止に 各地で抗議デモ発生

 ポーランドの憲法裁判所は22日(木)、胎児の不可逆的な障がいや病を理由とする人工妊娠中絶を違憲とする判決を下した。この判決が法制化されれば、ポーランドにおける人工妊娠中絶がほぼ全面的に禁止されることとなるため、連日各地 […]

続きを読む

ポーランド議会、動物保護法改正案を採択

 今月17日、ポーランド議会下院(Sejm)は、毛皮や宗教的儀式のための繁殖・畜殺の禁止を含む「動物保護法改正案」を賛成票多数(8割弱)にて採択した。採択された法案は、さらに議論を深めるため上院(Senat)に送られる。 […]

続きを読む

風力発電に関する法律規制の緩和

 ポーランドの開発大臣エミレヴィチ氏は今年末までに、陸上風力エネルギーの開発の足枷となっている「距離法」の法改正に向けた調整を終了させる意向を示した。改正法案草案は現在省内で協議中、まもなく閣僚理事会に送られる。 〇現在 […]

続きを読む

【ポーランド保健大臣辞任】新規感染者増えるなか

今号では、ヨーロッパの中でも早期対策を行い感染者を抑えたとして評価され、ポーランドの新型コロナ対策を牽引してきたシュモフスキ保健大臣の辞任についてお伝えする。 〇 ウカシュ・シュモフフスキ氏経歴 心臓専門医、心臓電気生理 […]

続きを読む

深まりを見せる波印関係

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため制限されていた、各国への渡航。インドへの渡航禁止令は8月12日に解除され、物流や人の往来が再開した。今号では、結びつきを強めるポーランドとインドの関係性についてお伝えする。 〇観光客 […]

続きを読む