ポーランド、世界最大のタバコ輸出国に

  • LINEで送る

ポーランドのタバコ輸出高は2020年に40億ドルに達し、世界最大の輸出国となった(IndexBox調べ)。IndexBoxによると、本金額は世界のタバコ消費の18%を占めることとなる。

最大輸入国は、他の多くの製品と同じくドイツであった。ドイツのポーランドからのタバコ輸入高は、2020年に14億ドルを突破し、前年比30%以上の増加となっている。ドイツに続き、イギリス、オランダが最大輸入国だ。

過去12年間で、ポーランドからのタバコ輸出は、輸出量で2倍、輸出高で3倍に増加した。2020年には、タバコの輸出高がポーランドの海外輸出高全体の1.7%を占めるようになった。

タバコの輸出価格は年3.5%程上昇しており、2020年には1トン当たり約2万1000ドルに達している。

ポーランドから輸出されたタバコの中で、最も高品質な製品はベルギーに輸出され、最も低価格な製品がフランスへと輸出されている。

編集後記

ポーランドは、自国内でも喫煙率の高い国として知らています。喫煙できる場所は限られている為、喫煙所には常に人だかりが出来ている風景が見られますが、近年では特に若者間で電子タバコへのシフトがみられます。ショッピングモール、コンビニにも電子タバコ販売コーナーが見受けられ、かなり多くの種類が販売されています。
今後、ポーランドの電子タバコ市場に関しても触れたいと思っております。

*ポーランド市場に関して、更に詳しい情報をお探しのかたはinfo@asagao.plまでお問い合わせをお待ちしております。

参照:https://wbj.pl/poland-has-become-the-largest-exporter-of-cigarettes-in-the-world/post/132051

関連記事

メールマガジンご購読はこちらから!

最新情報を「ASAGAO通信」と題するメールにて適宜配信しております。
ぜひ下記ボタンよりご購読ください。


登録フォーム